投資マンションで稼ごう~ゴールドな資産運用でステキな人に~

real estate

マンションの現状

景気の回復基調が感じられています。

アベノミックス効果から株価の上昇などの景気の回復基調が感じられています。 7月1日に公表された国税庁の路線価においても、東京、大阪、名古屋の3大都市圏を中心に、地価は上昇しています。 地価の上昇とともに不動産への投資活動も活発化しています。 その中でも人気を集めているのが、投資マンションなどへの不動産投資です。 金融機関等へ定期預金を預けても金利の水準が低いため、利息収入は期待できません。 投資マンションへの投資は、最低でも数百万円の投資を行う必要がありますが、定期預金の利息よりも多額の収益をあげることができます。 投資マンションの販売を専門とするマンション販売会社も多数存在しています。 これらの業者では、購入した投資マンションの管理や保全等のサービスも行っています。 サラリーマンでも簡単にマンション投資を行うことができます。

大阪市内の不動産投資が活発です。

大阪市は人口およそ269万人の都市で、関西圏の文化・政治・経済の中心地でもあります。 大阪市内の地価は上昇傾向にあり、不動産の取引が活発になっています。そのなかでも、大阪駅周辺の都市中心部の投資マンションが人気を集めています。 投資マンションは、不動産所得として所得税の確定申告をすることができます。 マンションを購入した際に、金融機関から銀行借入を行った場合には、支払利息を不動産所得の必要経費に算入することができます。 そのほか、マンション本体の減価償却費、固定資産税やマンション管理会社へ支払う管理料なども不動産所得の必要経費に算入することができます。 不動産所得の計算によって赤字となった場合には、給与所得などと損益通算することで所得税が還付される場合があります。